親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと

DANGO母です。 山田太一著。 私世代なら、ドラマふぞろいの林檎たちでお馴染みの脚本家ですね。 やっと子育ても仕送りも終わった!と両手を挙げて喜んでいたら、実はとんだ大失敗だったんじゃないの?ということに気づかされたこの頃です。 そんな時に出会っ…

リトル・ジョー

DANGO母です。 久しぶりに娘のリクエストの映画を二人で観に行きました。 リトル・ジョー。 「幸せになる香り」を放つ新種の植物リトル・ジョーを開発した研究者のアリスは、息子のジョーと暮らすシングルマザー。 ジョーへの贈り物として、彼女にとってもう…

久々にウォーキング

DANGO母です。 すっかり秋めいて参りました。 あの夏の暑さは何だったのか、思い出せないくらい過ごしやすくなりました。 晩御飯も早めに終わったので、久々にウォーキングに出かけました。 夜の商店街も久しぶりです。 ZALAがまだ開いていたのでキョロキョ…

え?ファンビンビン??

DANGO母です。 今日は朝から嬉しいことを言われました。 いつもお参りに来てくださる、少々口の悪い「お兄さん」と呼ばせてもらってる男性から 「誰かに似とると思ってたけど、ほら、ほら、中国の、ほら、ほら、」 「あ、マツコデラックスですか?」 (笑) …

祝・敬老の日

DANGO母です。 9月15日だった敬老の日も、働く人のための連休に吸収されて、毎年いつなのかカレンダーで確認しております。 寺に連休はない! ということで、今回の敬老の日のプレゼントはコチラ。 ビスクというブランド(らしい)のキャリーカート。 一人暮…

へー、こんな顔するんだね

DANGO母です。 娘が可愛い写真をくれました。 推定年齢16歳の我が家の猫、にゃーです。 どこの子猫ちゃん? てな表情をしています。 こりゃ可愛いからブログで紹介しとかなきゃ。 私に見せる顔とは大違い。 同じ猫とは思えません。

猫の病院、変えました。

DANGO母です。 猫の目がずーっと調子が悪い。 左目は白濁が進んでいる様子。 もうみているだけで悲しい。 その目を見た夫は「ウズラちゃん」と猫を呼ぶ。 目がウズラの卵みたいになっているからだ。 ひどい。 「そうだ、病院を変えてみよう!」 ということで…

猫のお目目は開いたけれども

DANGO母です。 先日開かなかった目が開くようになった猫のにゃーのお話。 目が開かず、涙をポロポロ流し、元気がなかったにゃーですが、先生の素晴らしいお見立てと薬の力で元気になりました。 一時は6.2キロまで痩せていましたが、元気になると、元の6.35キ…

猫のお目目が開かなくなった

DANGO母です。 数日前から猫のニャーの元気がなくなりました。 ごはんもあまり食べなくなって、私がいてもくったりとしています。 おまけに目から涙がポロポロこぼれて、左の目は開かなくなった。 様子を見ていたのですがもう我慢の限界!いつも行く病院に行…

困ったら、やめる。迷ったら、離れる。

DANGO母です。 玉置妙憂著。 せっかくご縁のあった方なので、一冊手に入れて読んでみました。 玉置妙憂さんは看護士僧侶という肩書きです。 医療のスペシャリストであり、僧侶としてメンタルをケアできる、今正に必要とされている方ですね。 生きていればい…

大阪人の不思議

DANGO母です。 今日、ご法事で大阪人にお会いしました。 車から降りるなり 「高松、涼しいなぁ!」 と一発目。 高松、暑いでしょう? これ、暑くないですか? と思いきや 「うちね、庭に温度計置いてるんですけど、だいたい41度くらいありますよ、はっはっは…

玉置妙憂さんに会いました

DANGO母です。 今日は秋の永代経法要に講師として玉置妙憂さんをお招きしました。 お坊様と看護師、両方の資格を持っています。 今、メディアで引っ張りだこだそうですが、私は殆ど知らなかったので、先入観なくお話が聞けました。 午前中はワークショップ、…

明日は永代経法要です。

DANGO母です。 明日は秋の永代経法要があります。 お彼岸に合わせて9月にするのですが、暑すぎて、お盆法要パート2な感覚さえ覚えます。 去年も暑くて10月になっても 「お彼岸が終わってもまだ暑いですねぇ。」 とお声がけをしていたことを思い出します。 こ…

桃のむき方

DANGO母です。 時々お手紙を下さる方が、いいことを教えてくれました。 「もものむき方」です。 皆さん、どうやって桃を食べますか? 今回教えてくれたむき方、まず桃を洗って、横一直線にくるりと包丁の刃をいれます。 写真は切り目を縦に切っていますが要…

現代語裏辞典

DANGO母です。 今日の新聞の一コマに、筒井康隆の現代語裏辞典が紹介されていました。 以前、バカの壁に対抗したのか、アホの壁という本を書いた時はがっかりした。 けれど、今回の本は面白すぎる。 もちろん辞典というだけあって、ちゃんと辞典形式で書いて…

死にそうですが

DANGO母です。 毎日暑くて死にそうです。 日中は熱風が吹いています。 ここはどこだ?と思うような暑さです。 昨日、イオンで買い物を終えて車に乗ると車の外の温度は41度の表示が出ていました。 少し走ると40度に。 暑いはずです。 暑いと熱い、どっち使え…

お墓まいりはお済みでしょうか?

DANGO母です。 毎日暑いですね。 夏だ!お盆だ!お墓まいりだ! 高松市のお盆にはお墓に紙の灯籠をお飾りします。 ご先祖様、ここですよ、帰ってきてね、と願いを込めて。 ご先祖様、お陰様でみんな無事に元気で過ごしています、ありがとうございます。 と感…

ペインアンドグローリー

DANGO母です。 アントニオ・バンデラス主演の映画、行ってきました。 デスペラードやゾロとお色気たっぷりの情熱の男も年を取り、すっかりオッチャンになっていました。 オッチャンになってもステキなバンデラス。 この映画はスペインの世界的に有名な、ペド…

イソジンはどこに消えた?

DANGO母です。 先日たまたま見ていたワイドショーで吉村知事の緊急会見で、コロナウィルスがイソジンでうがいをすることで口中のウィルスが減少します!と嘘みたいなホントの話をしていました。 それを聞いた途端に「イソジンがなくなる!買っとこうかな」と…

マルモイ 言葉集め

DANGO母です。 韓国映画、マルモイを観てきました。 1940年代、韓国は日本の植民地でした。 日本は韓国人に日本語を話すことを強要し、創氏改名をさせました。 そんな狂った時代、どんどんなくなってくる母国語である韓国語の辞書を作るために有志が命がけで…

扇町パーラー

DANGO母です。 近所に夏だけオープンするかき氷屋さんがあります。 Googleで検索すると扇町喫茶と出ますが、ご近所さん達は皆「扇町パーラー」と呼んでいる、知る人ぞ知る存在です。 ご覧の通り、民家です。 すだれを入ると土間になっていて小さな椅子やテー…

とんび 再放送

DANGO母です。 コロナ以来ドラマは再放送が多い中、これまで観ていなかったもの、それもいいものに出会うと嬉しくなります。 先日、堤真一さん主演の「とんび」が再放送されていました。 原作も読んだし、内野聖陽さん主演のも観たけれど、堤真一さんのが断…

欲しくもないドリンク買って欲しいバッジをもらう

DANGO母です。 年甲斐もなくヨッシースタンプ好きです。 LINEからのお知らせで、某コンビニとヨッシースタンプのコラボで 「対象商品を2本買うとヨッシースタンプの缶バッジ1個プレゼント」 という広告を見つけて、何を買うのかもわからないまま娘にお願いし…

15年後のラブソング

DANGO母です。 楽しみにしていた映画「15年後のラブソング」に行ってきました。 何がそんなに楽しみ? そう、イーサン・ホークに会うためです。 まず名前がいい、イーサン・ホークです、イーサン・ホーク。 色んな作品に出ているわりには存在感があまりない…

ハリエット

DANGO母です。 black lives matterが叫ばれる今だからこその映画、ハリエットを観に行きました。 奴隷制があった頃、黒人は人ではなくモノとして財産として存在していました。 主人公ハリエットは奴隷制が廃止されたペンシルベニア州へ自由を求めて逃げるこ…

ラタトゥイユとアンチョビバターのトマトパン

DANGO母です。 ステイホーム以降ほとんど外食いていない、自分を褒めてやりたい! 寺は基本みーんなずーっと家にいるので朝昼晩とご飯を作らねばならないのですが、毎食となるとさすがにしんどくなっています。 和食中心ですが、若者が2名いるので濃い味の…

なぜ君は総理大臣になれないのか

DANGO母です。 行ってきました、衆議院議員の地元代表、小川淳也さんのドキュメンタリー映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」です。 小川淳也さんを17年間追い続けた、情熱大陸でもお馴染みのドキュメンタリー監督の大島新さんの作品。 小川淳也さんは東…

世界で一番貧しい大統領 ホセ・ムヒカ

DANGO母です。 小さな映画館で観てきました。 もうすでに退任したウルグアイの元大統領、ホセ・ムヒカのドキュメンタリー映画です。 水色のワーゲンがトレードマーク、ワーゲンみたいにまぁるい体系ですが、一本芯の通った強い人です。 アメリカの資本主義を…

21世紀の資本

DANGO母です。 一時大ブームを巻き起こしたトマ・ピケティの分厚くて高い本が映画になっていたので観てきました。 なぜみんな貧乏なんでしょう? どうすればお金持ちになれるのでしょう? 資本主義ってなんなんだ? といった疑問に答えてくれる名作です。 経…

ノーヘル

DANGO母です。 私が車の運転免許をもらった頃はもれなく原付バイクの免許が付いてきました。 原付バイクはヘルメットなしで公道を走ることができました。 と言うと、若い人は 「うっそー!」 とか、子供には 「それ、かーさんだけやろー!」 と返事が来ます…