七つの会議

DANGO母です。

池井戸潤著。

いつもながらの面白い作品。

今回は中堅メーカーの営業マンが主役です。

トップセールスマンのエリート課長を居眠り専門の万年係長がパワハラで訴えたことが事件の始まりだった⁉︎

これまたどうして?

と読み進めていくと、とんでもなく大きな事件に巻き込まれていく、というお話です。

真実はどこ?正義は何処に?

ただ今映画にもなっていて、行こうか行くまいか悩みつつ、先ずは原作を読んでから決めようと読んでみました。

原作は半沢直樹ほどのインパクトを感じることもないですが、面白そうです。


f:id:dango33:20190214214047j:plain